滞納が続く前に|自分の要望に沿った不動産物件を効率よく探す便利な手段

自分の要望に沿った不動産物件を効率よく探す便利な手段

住宅模型

滞納が続く前に

つみき

住宅ローンの滞納が続くと、早ければ3ヶ月で期限の利益を喪失し、住宅ローンの分割払いの権利を失います。その後、裁判所から「競売開始決定通知」が届きます。この後3ヶ月〜6ヶ月後に「競売入札が開始」され、こうなるともう任意売却を行なうことはできなくなります。なので、「競売入札開始」までに、任意売却の手続きをすべて完了させる必要があります。任意売却は平均で1ヶ月〜3ヶ月かかりますが、早ければ早いほど取れる手段が増え、よりよい解決につながります。リストラや離婚、病気・事故などで住宅ローンが払えなくなったら、できるだけ早くに任意売却の専門家に相談するべきです。依頼先は、弁護士や不動産会社にすることもできますが、それぞれ法律や不動産には詳しくても任意売却について詳しいとは限らないので、任意売却を専門に扱う業者に依頼するのがお勧めです。

競売は裁判所による強制的な売却であり、物件が市場価格よりかなり安い値段で売られてしまう、手元に一切資金を残せない、近所に知られてしまう、最後は強制的に立ち退かされるなどデメリットが非常に大きいです。 一方任意売却は、ほぼ市場価格で売却でき、近所に知られることなく売却でき、残ったローンの分割払いや、退去日などについても相談可能です。さらに交渉によって、引越し費用も捻出できることがあります。また、親族間売買や、理解のある投資家に家を買ってもらうことで、そのまま家に住み続けられる可能性もあります。任意売却で必要になる仲介手数料などの費用は、物件の売却額から支払えるので、費用ゼロでも行なうことができます。 前述したように、任意売却の専門家に相談するタイミングが早いほど、できることが増えて解決する可能性は高くなります。様々な業者が存在しますので、信頼できる業者かどうかよく調べて、2社以上の業者に相談してみるのがお勧めです。